まえがき

プレミアム殿堂カードとは、1枚も使うことのできないカードのことです。

殿堂カードとは、デッキに1枚しか入れることができない制限をかけられているカードのことです。

カードが強すぎるため、デッキの構築の幅を広げるため等の理由で「プレミアム殿堂カード」もしくは「殿堂カード」に指定されます。

2007年11月15日殿堂レギュレーション一覧

プレミアム殿堂コンビ

プレミアム殿堂

殿堂

殿堂レギュレーション変更点

無制限→プレミアム殿堂コンビ

《母なる大地》+《龍仙ロマネスク》


画像をクリックで拡大
呪文自然 文明
コスト 3パワー -
種族 -
■S・トリガー バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、そのマナゾーンにあるカードの枚数とコストが同じかそれ以下のクリーチャーを1体、そのマナゾーンから選ぶ。そのプレイヤーはそのクリーチャーをバトルゾーンに出す。ただし、進化クリーチャーを選ぶことはできない。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

画像をクリックで拡大
クリーチャー光/火/自然 文明
コスト 6パワー 5000
種族 アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ブロッカー このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
■自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

《母なる紋章》+《龍仙ロマネスク》


画像をクリックで拡大
呪文自然 文明
コスト 3パワー -
種族 -
■文明をひとつ選ぶ。バトルゾーンにある自分の、選んだ文明のクリーチャーを1体、マナゾーンに置いてもよい。そうした場合、そのクリーチャーと文明が同じで、コストが自分のマナゾーンにあるカードの枚数と同じかそれ以下のクリーチャーを自分のマナゾーンから1体選び、バトルゾーンに出す。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

画像をクリックで拡大
クリーチャー光/火/自然 文明
コスト 6パワー 5000
種族 アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ブロッカー このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
■自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

《母なる大地》+《龍仙ロマネスク》、《母なる紋章》+《龍仙ロマネスク》

序盤は《母なる大地》《母なる紋章》を唱え《龍仙ロマネスク》を出すことにより、4マナ加速ができる。

《幻緑の双月》《青銅の鎧》等マナ加速を使うことにより、4ターン目に、4マナ加速することができる。

《フェアリー・ライフ》等呪文ではなく、クリーチャーにすることにより、《母なる大地》《母なる紋章の》マナに送るタネに使うことができる。

終盤は《龍仙ロマネスク》をマナに送って《母なる大地》《母なる紋章》を使うことにより、大型クリーチャーをマナから出すことができる。

10コスト域まで到達することも容易であり、様々なクリーチャーを3マナ使うだけで踏み倒すことができるのは強力。

殿堂→プレミアム殿堂

炎槍と水剣の裁


画像をクリックで拡大
呪文水/火 文明
コスト 6パワー -
種族 -
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■パワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、破壊したクリーチャー1体につき1枚カードを引いてもよい。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

殿堂からプレミアム殿堂になった。

1枚でも強力で、アドバンテージを稼いでくれる。

引いた側が得をするため、運ゲーとなっていた。

無制限→殿堂

《預言者マリエル》


画像をクリックで拡大
クリーチャー光 文明
コスト 4パワー 1000
種族 ライトブリンガー
■このクリーチャーがバトルゾーンにある間、パワー3000以上のクリーチャーは攻撃できない。(パワー3000未満のクリーチャーが、攻撃中にパワーが追加された場合、攻撃することができる)
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

パワー3000以上に攻撃制限をかけるカード。

除去できないと詰み状態になるため、このカードを意識すると、何かしらの除去をデッキに入れる必要があった。

《クローン・バイス》


画像をクリックで拡大
呪文闇 文明
コスト 3パワー -
種族 -
■相手の手札を1枚見ないで選ぶ。その後、すべての墓地にある《クローン・バイス》1枚につき、相手の手札から他の1枚を見ないで選んでもよい。選んだ手札をすべて捨てさせる。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

手札を1枚ランダム破壊。さらに墓地に同名カードの枚数分、プラスして手札破壊ができる。

墓地とは相手の墓地も含めるため、相手の墓地に4枚、自分の墓地に3枚あれば、このカードを唱えるだけで8枚手札破壊ができる。

自分、相手双方がデッキに入れている場合は注意が必要で、利用される危険がある。

殿堂後は、このカードの採用はほぼなく、採用しても1枚手札破壊するだけになるため、《ゴースト・タッチ》の方が優秀となった。

あとがき

今回は2007年11月15日の殿堂レギュレーションについて解説しました。

次回は2008年4月15日の殿堂レギュレーションについて解説していきます。

before:【デュエマ殿堂の歴史】2007年8月15日

next:【デュエマ殿堂の歴史】2008年4月15日