まえがき

殿堂カードとは、デッキに1枚しか採用できないという制限をかけられているカードのことです。

カードが強すぎるため、デッキの構築の幅を広げるため等の理由で殿堂カードに指定されます。

2004年12月15日殿堂一覧

無制限→殿堂

《アクアン》


画像をクリックで拡大
クリーチャー水 文明
コスト 4パワー 2000
種族 サイバーロード
■このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札を上から5枚、表向きにしてもよい。その中の光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを自分の墓地に置く。
↓購入はこちらから↓
遊々亭 スマホ 遊々亭 PC トレトク

2002年12月26日「DM-04」で登場したクリーチャー。

発売当初は《サイバー・ブレイン》《アストラル・リーフ》等のドローカードが存在しており、あまり活躍はしていなかった。

2004年3月15日に《サイバー・ブレイン》《アストラル・リーフ》の殿堂入り。

さらに、2004年6月26日「DM-10」が発売されると多色カードが登場し、注目を浴びることになる。

光もしくは闇が入っているデッキであれば採用され、圧倒的な手札補充で活躍した。

その手札補充の強さ故、殿堂入りとなった。

あとがき

今回は2004年12月15日の殿堂レギュレーション解説でした。

次回は2005年7月15日の殿堂レギュレーションを解説していきます。

before:【デュエマ殿堂の歴史】2004年3月15日

next:【デュエマ殿堂の歴史】2005年7月15日